産婦人科医高橋怜奈先生の公式YouTubeから学ぶ「デリケートゾーンケア」

普段から念入りにケアしているにも関わらず起きてしまう「デリケートゾーンのトラブル」。デリケートゾーンから嫌な臭いがしたり、かゆみなどのトラブルが発生するのは正しいケアができていないことが原因かも。

デリケートゾーンのトラブルはパートナーとの性生活に影響を及ぼしてしまうことさえある。

東邦大学医療センター大橋病院の産婦人科に在籍する女医、高橋怜奈先生の公式YouTube『産婦人科医YouTuber高橋怜奈』で紹介されたデリケートゾーンの正しいケア方法では、産婦人科医がおすすめするデリケートゾーンに適した専用ソープや、タンポンの使用が原因で起こり得る危険性、月経カップのメリットなどを詳しく解説してくれている。

普段している間違ったデリケートゾーンのケアに早々に気付くことで、デリケートゾーンに起こるトラブルを回避できるかもしれない。

トラブルが絶えない、もっと快適に性生活を送りたいという方にも知ってほしい正しいデリケートゾーンのケア方法を高橋怜奈先生から学んでいこう!

高橋怜奈先生のツイッターアカウント▶@renatkhsh
高橋怜奈先生のインスタグラムアカウント▶@renatkhsh
高橋怜奈先生の公式YouTube▶『産婦人科医YouTuber高橋怜奈
女医活ライター
医師でありプロボクサーでもある高橋怜奈先生。素敵な美貌を持ちながら「女医×ボクサー」として活躍しており、同性から見ても見惚れてしまいそうになるほどカッコイイ女医さんです!

※高橋怜奈先生が動画内で発している言葉と多少のズレがあります。また、まとめの構成上、元の動画内容と順不同になっている箇所があります、ご了承ください。
※吹き出し画像及びアイキャッチ画像に使用している高橋怜奈先生の画像は、公式Instagramよりお借りしています。

女医活ライター
高橋怜奈先生は水曜日のみ「四ツ谷レディスクリニック」にも勤務されています。
それではさっそく見ていこう!
スポンサーリンク

デリケートゾーンのケアにおすすめの石鹸

デリケートゾーンはなんてったってムレやすい。すっきりさせたいがあまり、石鹸やボディソープでデリケートゾーンをゴシゴシと洗ってしまう人も多いだろう。

「デリケートゾーンはしっかり洗うべきだ。」という人もいる。

実際はどうなのだろうか。

高橋怜奈先生高橋怜奈先生
これはですね、半分正しくて半分間違ってるって感じなんですね。全部違いますってワケではないんです。デリケートゾーンはたしかに清潔に保ったほうがいいんですけれども、清潔にしすぎるのも実は良くないです
膣の自浄作用がなくなることで臭いの原因にもなると聞いたことがある。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
多くの人は石鹸とかでしっかり身体をゴシゴシ洗いますよね。すると一緒にデリケートゾーンも洗っちゃってる方、けっこう多いように感じます。
からだを洗う石鹸(ボディソープ)と洗顔フォームはきちんと分けている人が多いだろう。ただ、デリケートゾーンを専用の石鹸に変えて洗っている人はそこまで多くないはず。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
けっこう普通の石鹸って洗浄力が強いので、デリケートゾーンもいっしょに洗ってしまうと乾燥の原因になったり炎症の原因になったり。デリケートゾーンって基本的に粘膜なので目といっしょなんですよ。
私は高橋先生のこの言葉を聞いてハッとした―――。
女医活ライター
そう、粘膜じゃん!
なんとなくイメージでだけど、デリケートゾーンはただ単に肌という認識だった。でもよくよく考えればたしかに粘膜。目といっしょだ。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
洗顔するときって洗顔フォームとかで洗う方が多いと思うんですよ。普通のからだ洗う石鹸で顔洗うと目しみません?それと同じでデリケートゾーンも粘膜なので、同じように刺激を受けてるわけですよ。
私が毎日女医さんのYouTubeを見ていて「面白いな~」と感じるのは、こういう気付きが常にあるから。
だよねだよね!と共感するこもあれば、ハッ!そっか!って気付かされることも多くて、だから女医さんを追いかけている。
女医さんからたくさんのことを学びたい、ずっと学んでいきたい、そう思うわけです。
(話が逸れたので戻ります。)
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
(刺激を受けると)やっぱり潤いがなくなって、乾燥とか痛みの原因になったりとか、あとは今までもお話してきたんですけどデリケートゾーンとか膣内っていうのは善玉菌で守られているんですね。
女医活ライター
ふむ、これは聞いたことがある。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
善玉菌がバランスを取ることによって、悪い雑菌とかが入ってきて感染を起こさないようにするために善玉菌がいます。なのでその善玉菌をなるべく洗い流さない方がいいです。
この善玉菌は「デーデルライン桿菌(でーでるらいんかんきん)」と言うらしい。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
普通の石鹸でゴシゴシ洗っちゃったり、不用意に膣内を洗浄してしまったりするとその善玉菌を洗い流してしまって雑菌を入りやすくしてしまって、細菌性膣症・細菌性膣炎の原因になってしまったり、カンジダが増えてしまってカンジダ膣炎の原因になってしまったりします。
生理のたびとかストレスが溜まったときとか、定期的にカンジダになってしまう人もいて、このカンジダに悩んでいる人は実際多いようだ。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
そうするとものすごいおりものが、ぽろぽろした白いものが出て(カッテージチーズ状のですね)、それですごく痒くなってしまうっていうことがけっこうあったりするので。カンジダになったりとか細菌性膣炎とかなっちゃってる人とかって実は自分で膣内を洗いすぎてしまったりとか、からだを洗う石鹸でゴシゴシゴシゴシ洗いすぎちゃってる人もいらっしゃいます。
スポンサーリンク
カンジダの症状には、
  • おりものの量が多い
  • 白っぽいカスが出る
  • 排尿時や性交時に痛みがある
  • 強いかゆみ

などが挙げられる。

ストレスや疲れのほかにカンジダの症状が現れる原因で考えられるのは、デリケートゾーン専用石鹸を使わずに膣内を洗いすぎてしまうこと。ここを変えてあげなければならない。

高橋怜奈先生高橋怜奈先生
デリケートゾーンを洗うときは必ずデリケートゾーン専用のソープを使うようにしましょう。そして洗うのは外側の部分だけ。膣内を自分で不用意に水でバシャバシャとかシャワーでバシャバシャとか、あとは薬局で売っているビデみたいなのあるじゃないですか?そういうのを使って洗うのは避けましょう!
女医活ライター
薬局で売っているものも避ける…!?
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
私がいつも患者さんにご紹介している石鹸を、ここでもご紹介しようと思います。
ここでは高橋怜奈先生が勤務する病院でも実際におすすめしているという「デリケートゾーン専用石鹸」を紹介してくれた
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
コラージュフルフル石鹸』といって持田ヘルスケアさんが出してるものなんですけれども、これけっこう病院とかでもサンプル置いてあるところ多いんですよ。

高橋怜奈先生高橋怜奈先生
これ何がすごいかっていうと、無香料・無色素・弱酸性・低刺激性なんですね。なのでけっこう肌の弱い人にも使ってもらえます。そしてデリケートゾーンにも使えます。
女医活ライター
ちょっと調べてみたけどワキの臭い、汗の臭い、足の臭いにもいいみたい。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
泡で出てくるタイプと液体のもがあるんですけど、おすすめは泡のタイプです。
念のためこちらが液体タイプ。

高橋怜奈先生高橋怜奈先生
泡のタイプをしっかりとって、優しくゴシゴシじゃなくてなでるようにして洗うといいと思います。
今はハンドソープも泡タイプが主流。
泡タイプは楽だしね。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
そしてこれですね、抗菌成分と抗真菌成分といって、真菌(しんきん)というのはカビのことなんですけれども、カンジダっていうのはカビなんですよ。そのカンジダに効くような成分がこの中にもともと入ってるんですね。実際に産婦人科で処方されるお薬とおんなじ成分がこの中に入ってます
カビ…
改めて「カビ」と聞くとヒェェェとなる…
((((;゚Д゚))))gkbr
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
よく産婦人科に来られるのは生理のたびにカンジダになっちゃいますっていう方がけっこういらっしゃるんですけれども、これを普段から使うことによってカンジダなりづらくなります。私はもともとカンジダ毎月繰り返すような人だったんですけど、これ使うようになってだいぶ無くなりました。
産婦人科で処方される薬と同じ成分が入っている石鹸を手軽に購入できるのは嬉しい。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
シャワーだけでもいいんですけれども、やっぱりそれだと臭いが気になったりちゃんと汚れ落ちてるのか気になるじゃないですか。なのでデリケートゾーンのケアをしっかり行えて、ちゃんとデリケートゾーンもしっかり洗いたい、シャワーだけじゃ心配っていう方はこのコラージュフルフルオススメなので使ってみて下さい。
女医活ライター
調べたところ、この持田ヘルスケア コラージュフルフル泡石鹸は公式サイトで購入するのがいちばんお得っぽい。
というのも、ウェブ限定特典で【お泊りセット】が付いてくる。
セット内容を見てみたら、本体のコラージュフルフル泡石鹸[ピンク]150mLはもちろんのこと、
  • コラージュB.K.AGE薬用保湿化粧水(とてもしっとり)×1包
  • コラージュB.K.AGE薬用保湿乳液×1包
  • コラージュリペアクレンジングミルク×1包
  • コラージュリペアホワイトピール×1包
  • コラージュフルフルリキッドソープ×1包

というお泊りに最適なセットが本体のみの価格1,980円で、しかも送料無料

女医活ライター
セット内容よく見ると、泡ではないけどリキッドソープも付いているから急なお泊りにも対応できそう。本当だったら毎日使ってケアしてた方がもちろんいいんだろうけど、こればっかりは…ねぇ?♡急にお泊りすることだってあるさ。
「もしかしたら…♡」ってときのためにポーチに忍ばせておくのもアリだろう。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
最近デリケートゾーン用のソープって巷に溢れてるんですけれども、けっこう香料が入っていたりするんですよね。デリケートゾーンのケアのものだからいいだろうと思って手に取ったとしても、その香料がからだに合わない人とかもいたりしますので、これ無色素・無香料でまったくにおいしません。なのでほんとに肌の弱い方でも使えるかな~と思います。すごくおすすめです。
どうせ同じものを買うなら公式サイトで買ったほうが断然お得なので、気になる方は一度サイトを覗いてみるといいかも。

コラージュフルフル泡石鹸 今なら1550円相当のスキンケアセットプレゼント!

デリケートゾーンのケアアイテムには月経カップ!

私は今まで一度もタンポンを使ったことがない。なんか怖くて使えないのだ。思い返せば30年間生きてきて、とくべつタンポンに頼る場面もなかった。

「生理だけど彼と海~♡」とかもなく、多い日でも仕事中自由にトイレに行けていた。タンポンとは無縁の生活をしてきた感がある。

だからタンポンの知識はほとんど無く、タンポンについて聞かれてもなにも答えることができないわけだが、そんなタンポン、やっぱり愛用している人は多いようだ。

高橋怜奈先生高橋怜奈先生
生理中、毎日タンポンを使う。けっこうこれね、やってる人多いんですけれどもタンポンたしかに使うと血も漏れにくいですし、動いたりとかプールのときとかも楽ですよね。
女医活ライター
タンポンは一度使うと快適すぎて普通のナプキンに戻れなくなるという話を友人から聞いたことがある。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
ここぞという時に使ったりとか、生理の量が多いときには使うのはいいとは思います。ただですね、生理の最初から最後まで、量が少なくなった時にもタンポン使うっていうのは私はあんまりおすすめしません。
生理中ずーっとタンポンで過ごせれば、それほど楽なことはないと思ってしまいそう。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
実際ですね、タンポン自体がタンポンのパッケージの裏にも書いてあると思うんですけど「TSS」といってトキシックショック症候群の原因にもなるんですね。
TSS(トキシックショック症候群)―――。
初めて聞いた言葉である。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
トキシックショック症候群っていうのはタンポンの細かい繊維で膣の中が傷ついて、その傷からバイ菌が入ってしまって全身がショック状態になってしまいますよっていう病気なんですけれども、それがタンポンは起こしやすいんですよ。
怖い…
調べてみると、TSS(トキシックショック症候群)の初期症状には、
  • 高熱
  • 発疹・発赤
  • 倦怠感
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 粘膜充血

このような症状が現れるようだ。
しかもこれ、タンポンを使っている人だけに限らずだれでもかかってしまう可能性があるそう。

もちろん男性でも小さい子どもでも。

タンポンは非常に便利な反面、こうしたリスクもあることをきちんと頭に入れておかなければならない。タンポンを使う注意点として、高橋怜奈先生は分かりやすく解説してくれている。

高橋怜奈先生高橋怜奈先生
なんで生理中(タンポンを)ずっと使わないほうがいいかというと、量が少なくなってくるとタンポン抜いたりするときに繊維で膣が傷つきやすくなるんですよ。実際タンポン使ったことある方は分かると思うんですけど、量が多いときはするっと抜けるけど量がすごく少ないときとか終わりがけ、そして始まりのときとかに使ったりすると抜くときにちょっと違和感あるじゃないですか。その違和感が実は膣に細かい傷をつけて、そこからバイ菌が入りやすくなってしまって膣炎の原因になってしまったりすることもあります。そしてそれがTSS、トキシックショック症候群の原因になってしまったりするので、もし使うなら量が多い二日目だったりとか、あとどうしても水着を着たいとか、そういうときのここぞというときに使うのに留めてもらいたいなと思います。
タンポンを使ったことがないため想像でしかないが、とにかくタンポンの使いすぎはあまり良くないということが分かる。
そして実は、タンポンを使うことがデリケートゾーンの臭いにも影響してくるようだ。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
実際タンポンというのは、その素材的にけっこう雑菌が増殖しやすかったりするのでニオイの原因にもなったりするんですね。あと膣炎の原因にもなったりしますので、もしタンポンを普段から常用している人の中で、けっこう膣炎を繰り返しやすいとかニオイが気になるっていう人は、一回タンポンをやめてみるともしかしたら変わるかもしれません。
女医活ライター
デリケートゾーンの悩み上位にも入る「臭い」に関係してくると思うと、今後もタンポンを使い続けていくべきかは悩みどころであるだろう。
タンポンの快適さを知っている人にとって、タンポンの代わりになる物はあるのだろうか。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
最近月経カップっていうのありますけど、月経カップはシリコン製でTSSを起こす可能性がものすごく少ないので、もしタンポンを使ってる方っていうのは月経カップおすすめです。
女医活ライター
月経カップを使い始める人、たしかに増えてきたかも。これまたタンポンと同じで入れるのが怖いけど…
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
タンポン使ってる人だったら月経カップけっこう簡単に入れられると思います。初期投資が4,000~5,000円くらいかかってちょっと高いんですけれども、12時間変えなくていいですし10年間ぐらい持ちますので、とてもエコですし経済的です。なのでタンポン使っている方は月経カップにこの際変えてみてもいいんじゃないかなと思います。
スポンサーリンク

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋怜奈(@renatkhsh)がシェアした投稿

高橋怜奈先生高橋怜奈先生
シリコン製でこうやってよく曲がります。
これをですね、膣内に入れてカップがキャッチしてくれます。

月経カップ(生理カップ)のメリットデメリット

使う人が増えてきている月経カップ。生理カップともいう。

女医活ライター
ざっくりだが、月経カップ(生理カップ)のメリットデメリットは下のような感じ。
メリット デメリット
・長時間使用が可能(最長12時間)
・TSSを引き起こす原因になりにくい
・10年ほど使用できるためエコ
・長期使用できることで経済的
・有毒物質を体に取り入れる危険性がほぼない
・ムレ、かぶれ、かゆみが少ない
・布ナプキンに比べて洗浄が簡単
・使い慣れるまで装着と取り出しに時間がかかることがある
・装着時や取り出し時は必ず手を清潔にしてから行わなければならない
・月経カップが膣内できちんと開かないと経血が漏れることがある
・清潔な水、低刺激性の石鹸で洗浄する必要がある
女医活ライター
長期的に見ると本当にエコで経済的だと思う。
使い慣れるまでは少し大変かなという印象。

カップがしっかりフィットしないと経血が漏れてしまったり、膣内でカップがうまく開かないといったことも考えると、使ってみるまでは不安が募る。

初めて月経カップを購入するなら、月経カップ選びも重要になってくるだろう。

月経カップが初めてという人は、形状がキープされやすく、装着時にカップが開きやすいものを選んでみるといいようだ。縁(フチ)に厚みのある月経カップや、少し弾力のある月経カップを選んでみるといいかもしれない。

\初めてでも使いやすい月経カップ/

また、月経カップは素手で装着しなければならないが、装着時の手指の不潔さがネックになる人もいるだろう。

女医活ライター
ネイルをしている人も気になるよね。

月経カップ試したいけどどうしてもそこが気になるよーって場合には、『フィンガーグローブ』といったものもある。いわゆる指用のコンドームだ。


こうしたアイテムも併用すれば、より安心して月経カップに挑戦できるのではないだろうか。

高橋怜奈先生高橋怜奈先生
いろいろ選択肢が広がればいいかな~と思います。

デリケートゾーンのケアに脱毛は不可欠

もはや、デリケートゾーンのケアとして「脱毛」は一般的といえるだろう。しかし気を付けたいこともある。

高橋怜奈先生高橋怜奈先生
アンダーヘアをカミソリで剃る。
これはですね、やらないでほしいですね。
『カミソリ』を使った脱毛だ。
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
けっこう産婦人科には「デリケートゾーンにニキビみたいなのできました」とか「なんかヒリヒリして痛いです」っていらっしゃる方多いんですけれども、話を聞くとT字のタイプのカミソリあるじゃないですか、電動じゃなくて。あれとかでゴシゴシ剃ってしまっている方がけっこう多い感じがします。
女医活ライター
経験あるけど『T字カミソリ』はホントに肌が傷つく…
高橋怜奈先生高橋怜奈先生
なんでカミソリだとよくないかというと、実際にはみなさんお水をつけたりとか石鹸とかフォームとかをつけてカミソリで剃ってると思うんですけど、やっぱり見えにくいところなのでそのカミソリの細かい刃が肌について細かい傷がついて、そこからバイ菌が入りやすくなったり、そこからニキビみないな毛嚢炎っていうんですけれどもそういうデキ物ができやすくなっちゃたりすんですね。もしアンダーヘアけっこう気になってしょっちゅうカミソリで剃ってるっていうのであれば、お金はかかりますけれどもVIO脱毛していただくことをおすすめします。VIO脱毛するときは医療機関での脱毛をおすすめします。
医療機関◎ エステ△
・値段(料金)は高い
・1回の照射パワーは強い
・パワーが強い分、何回かで終わる
・値段(料金)は安い
・1回の照射パワーは弱い
・パワーが弱いため、何度も通わなければならない

上の表は、医療機関脱毛とエステ脱毛のメリットデメリットだ。

アンダーヘアは医療機関やエステで脱毛するのがベストだけど、どうしても通えないという人もいるかもしれない。

高橋怜奈先生高橋怜奈先生
お金もないし医療脱毛もエステ脱毛も行けないわっていう方、T字のカミソリで剃るのはやめてください。もし剃るんだったらですね、Panasonicさんとかであったりするんですけど『電動シェーバー』とかを使ってもらうとよりいいんじゃないかなと思います。
女医活ライター
やっぱりPanasonicの電動シェーバーっていいんですね~!
別の産婦人科医の女医さんも、アンダーヘアの処理にはPanasonicの電動シェーバーをおすすめしている。その記事がこちら。
参考記事

お二人の息子さんがいらっしゃる産婦人科医、mama女医ちえこ先生の公式YouTube『mama女医ちえこ(THE YOUTUBE WOMAN'S CLINIC)』で紹介されたアンダーヘアの処理の仕方(やり方)。 自己処理する上で注意し[…]

mama女医ちえこ先生の公式YouTubeから学ぶ「アンダーヘア処理の仕方」
ぜひご参考に!
以上、最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーリンク