山下真理子先生の公式YouTubeから学ぶ「ホルモンバランスの乱れ改善入浴法」

美容外科医・美肌治療専門医であり生理改善アドバイザーとしてもご活躍の女医、山下真理子先生の公式YouTube『山下真理子』で紹介されたホルモンバランスコントロールのお話。

しっかり入浴してもすぐに身体が冷えてしまう方や、ホルモンバランスの乱れが原因でからだの不調が気になる方に有効な入浴方法を山下真理子先生から学んでいきましょう!

山下真理子先生のTwitterアカウント▶@3737marilyn3737
山下真理子先生のInstagramアカウント▶@marilynstagram37
山下真理子先生の公式YouTube▶『山下真理子
女医活ライター
各地で講演会などを行い、美容医療や予防医学など幅広い分野で活動されている女医さんです。預かりボランティアをされており、保護犬保護猫の啓もう活動も行なったりと、動物にも優しい素敵な女医さんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

昨日のコーデは、最近getした、 #アリスアンドオリビア のトップス #Chesty のスカート #aliceandolivia 愛猫 のあすらちゃんと♡ #スコティッシュフォールド で、#骨瘤 という病気で、生まれてすぐにペットショップから棄てられてしまってた保護猫ちゃん。 かわいいかわいいふわふわのあすらちゃん♡ 卵黄囊確認できました♡ 来週、心拍確認だって😳 #保護猫 #服好きな人と繋がりたい #ファッションコーデ #fashion #愛猫 #スコティッシュフォールド #折れ耳 #長毛 #折れ耳スコティッシュ #不妊治療 #5w3d #妊娠5週 #体外受精での妊娠 #ivf #体外受精からの妊娠 #初期分割期胚移植 #胎嚢確認 #胎芽期 #妊娠初期 #体外受精2回目

♡山下真理子♡(@marilynstagram37)がシェアした投稿 –

※山下真理子先生が動画内で発している言葉と多少のズレがあります。また、記事の構成上、元の動画内容と順不同の箇所があります、ご了承ください。
※吹き出し画像及びアイキャッチ画像に使用している山下真理子先生の画像は、山下真理子先生のオフィシャルブログよりお借りしています。

ホルモンバランスが乱れる原因は飲み会や夜更かし?

「今日も上司と飲み会…」
「自炊は面倒だし外で適当に食べて帰ろう…」

連日続く会社の飲み会や、不健康な食生活を続けていることが原因でホルモンバランスが乱れ、からだに不調が出ていませんか?

山下真理子先生山下先生
冷え込んだ夜に食べ歩きをしたり飲みに行ったりして、ついつい夜更かしをしてバランスの悪い食事をとってしまうとどうなるかというと、あなたのからだは1ヶ月後2ヶ月後にホルモンバランスが乱れてくる、からだの中のバランスが乱れてくるといったことが起こってしまいます。
とはいっても、気の合う仲間との飲み会は時間を忘れて楽しくお酒を飲んでしまうもの…。ストレス発散にだってなる。
山下真理子先生山下先生
もちろん楽しいことを思いっきり楽しむっていうこともストレス発散にはすごく大事なんですけれども、そろそろここで乱れてきたホルモンバランスを整えていくために、まずは今日夜遅くまで出歩かれていた方!お風呂の湯舟にしっかり浸かりましょう。
ストレスを発散することは生きていく中でぜったいに必要!そして家に帰ったら、心とからだをリセットすることはもっともっと必要なこと!
明日への活力に繋げるリセットの仕方は人それぞれ。
だけど、ほとんどの人が毎日入るであろうお風呂で簡単にホルモンバランスの乱れを改善できたら超効率的
山下真理子先生山下先生
ホルモンバランスの乱れで大きく関係してくるのって身体の冷えなんですよね。足先、手足の先が冷たかったりとか、夏でもクーラーの効いた部屋にいる機会が多かったりすることも最近では多いと思うので、まあ一年中ですよね、冷え性に悩んでいる方って。
女医活ライター
まさに私は「四肢末端型冷え性」で、夏でも足先や指先が冷たいです(´;ω;`)夏のクーラーは毎年恐怖…
山下真理子先生山下先生
とくに冬はむくみが酷くてって方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
女医活ライター
私の冬の防寒対策は周りから見たら引くレベル。
山下真理子先生山下先生
むくみがひどいからタイツなしでは歩けないだったりとか、足を出す服装なんてできないっていう方もけっこういらっしゃると思うんですけど。

冷えのせいで夏でもムダに厚着をしたり、着たい服が着れずにそれこそストレスが溜まるという経験、あるある――。

ホルモンバランスの乱れには入浴が効果的

どうやら山下真理子先生によると、ホルモンバランスを整えたり冷え性改善の期待には入浴が効果的だそう。

山下真理子先生山下先生
お風呂の湯舟で効率的にホルモンバランスを整えていく入浴方法、冷え性を改善するための効果的なお風呂の入り方っていうのをお話しようかなっていう風に思います。

有難い…。さっそく伝授していただこう。

山下真理子先生山下先生
まずシャワーだけで済ませる、これ絶対にやめてくださいね。必ず面倒でもお風呂にお湯をしっかり溜めて入ることをおすすめします。
これはね、基本中の基本だと思いますワ。お風呂=湯舟に浸かることが大前提
山下真理子先生山下先生
できればぬるめのお風呂を推奨します。なぜかというと熱いお風呂ってあんまり長時間浸かれないんですよね。
冬の寒い時期はまあまあ熱めのお風呂に入りたくなるけど、これはあまりおすすめしないよう。たしかに熱いお湯に入ってもからだの芯を温める前に「もう限界」となり長い時間入っていられない。
私は一時期、42度くらいのお風呂に入っていたが、結局すぐ湯冷めしていた気がする。
山下真理子先生山下先生
あんまり長時間お風呂に浸かったりすると、逆にね、とくに年配の方だったら血圧に関係してきたりっていうことがあるので少しぬるめかなーぐらいですね。ぬるいお湯を最初から入れてしまうと冷えやすくなって逆に湯冷めしやすくなったり寒くなったりしてしまうので、ちょっとぬるめかなーぐらいの温度になる程度を保つのがおすすめです。
「ぬるめ」の基準は人によるけど、だいたい38~39度といったところだろうか…
山下真理子先生山下先生
お風呂のお湯を溜めるとき、お風呂の蓋なんかをうまく使ったりするとお湯が冷めにくなったりするのでぜひ試してみられたらいいんじゃないかな!
今は保温機能が付いてるお風呂も多いけど、節約の為にもお風呂の蓋を上手に活用したほうがエコですね!

ホルモンバランスの乱れを改善する30分間の入浴方法

さて、入浴方法はどんな感じでしょう。
山下真理子先生山下先生
少しぬるめでまだまだ入っていられるなっていうぐらいのお風呂にまず浸かります。
私自身ここでけっこう迷うのだが、全身浴がいいのか半身浴がいいのか?
半身浴をゴリ押しする専門家の方もいるし、一般ピーポーからするとその辺がよく分からないって方は多いはず。
山下真理子先生山下先生
できれば半身浴がいいっていわれたりするんですけど、寒いときにぬるめのお風呂で半身浴ってけっこうからだが冷えやすかったりするので、私はしっかりお湯に浸かってもいいんじゃないかなって思います。
女医活ライター
私は女医さんの言うことだけは高確率で信じる派なので、山下真理子先生と同じく今度も全身浴を続けます(`・ω・´)
続いて入浴時間。
山下真理子先生山下先生
おすすめはだいたいこれで20分くらい。
ほう、20分。けっこう長い!
山下真理子先生山下先生
濡れてもいいような雑誌を読んだり、スマホとか持って入ったりすると水濡れで壊れちゃったりするのでそのあたりは気を付けて!こういうときにぼーっとする時間でもいいですし、音楽を聴いたりするのもいいんじゃないかなって思います。
日中、目を酷使するお仕事をしてたりすると眼精疲労にもなりやすいので、せめてお風呂のときくらいは目を瞑ってゆっくり目を休ませてあげてもいいかも。
目のツボを優しく押してあげたり、目周りのマッサージも気持ちよくてスカッとする。
何も考えずにぼーっとするのもすごくリラックスになる。
山下真理子先生山下先生
お風呂の中で今日一日を振り返って良かったこと、自分で自分を褒めてあげたいことを思い描きながらお風呂に入る、これけっこう重要です。
私自身も「振り返り」ってけっこう重要だなと感じていて、まずは一日の中でダメだったところを思い出し、反省したあと必ず良かったことを思い浮かべています
「ダメだったこと」「悪いところ」を振り返るだけではよくなくて、必ず「いいところ」「良かったところ」を振り返ることで明日はこうしよう、明日からはこうしたやり方に変えてみようというようなアイデアが自然とたくさん浮かんでくるんです。
山下真理子先生山下先生
からだはね、一日中なにか疲れがたまってたり仕事されてたりとかいろいろして交感神経っていうひどく緊張したときに優位になる神経が高ぶっている状態になります。いわゆるアドレナリンとか聞いたことあると思うんですけど、要はからだが興奮している状態です。お風呂の湯舟に浸かってからだを外から温めることで血流がよくなって、副交感神経(リラックスするときの神経)が優位になります。
交感神経と副交感神経について私が知っていることを記載しよう。
自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経から成り立っていて、興奮して気分が舞い上がっているとき、気が立っているときなどの攻撃的なときには交感神経が働き、逆にリラックスして心が落ち着いているときには副交感神経が働いている。

我々は、この2つの神経によって心やからだがコントロールされているのだ。

山下真理子先生山下先生
お風呂にいるときにしっかり今日一日の自分を褒めてあげたいなって思うようなことを思い描くことで、一日のイラ立ちやストレスをリセットすることができます。
つまり、この行為(振り返り)がホルモンバランスを整えるために効果的ということだ。
山下真理子先生山下先生
ホルモンバランスを整えていく上でとても重要なので、必ず行うようにしてください。無理にっていうのじゃなくて、もう本当にぼーっとリラックスした気持ちでやるのがいいです。
そしてポイントがあるよう。
山下真理子先生山下先生
アロマを焚かれたりとかするのもいいかもしれないですけれども、面倒だなって方はリラックスできる体勢でお風呂にゆっくり浸かる。しっかり足を伸ばしてっていうのが理想ですけれどもね!
アロマを利用した入浴は「瞑想浴」ともいわれる。
「瞑想」は緊張を和らげ心身ともにリラックスできることに繋がるため、ヨガでも取り入れられているのは多くの人が知っているだろう。
わざわざヨガに行かなくても自宅のお風呂で好きな香りのアロマを焚き、さらに瞑想すれば、十分リラックスできる空間をつくることができるはずだ
さて、20分ほどの入浴のあとは?
山下真理子先生山下先生
ぬるめのお湯に20分くらい浸かったあとは、少し熱めのお湯でからだを洗うようにしてください。
少し熱めのお湯ということは、40~41度くらいだろうか…
ここも人それぞれだけど、自分が「温かいな~」と感じるくらいの温度ということで覚えておこう。
山下真理子先生山下先生
どうしても冬場って体表面から熱が奪われて体が冷えやすくなってしまうので、ぬるま湯のあとには少し熱めのシャワーでからだを洗ったりとか、頭を洗うときは熱めのお湯だったりとかするとカラーリングの色が抜けやすかったりとかあるかもしれないんですけれども、ぜひやってみてください。
女医活ライター
カラーリングをしている人は、髪の毛だけは少しぬるめのお湯で流して、からだを洗うときだけ熱めにするといいですね!(少し面倒だけど…)

ここまででもけっこうからだは温まっている気がするが、ここからさらに入浴するようだ。

山下真理子先生山下先生
からだを洗い終わったあとは少し足し湯をして熱めのお湯にして10分程度浸かって、お風呂から上がる前に足の指をしっかり動かすっていうことを意識してみてください。足のむくみが気になる方は、少しふくらはぎのマッサージとかを湯舟の中でしてみてもいいかもしれないです。
ふむ。
湯舟にいる時間を有効に使うということですな!
山下真理子先生が伝授してくれた足指運動のやり方は下のとおり。
  1. お風呂の中で足の指をできる限り広げ、グー・パーする
  2. このグー・パー運動を何度か繰り返す

たったこれだけなので楽チン!
山下真理子先生によると、コツは「足の裏にタオルをひいて、足の指でそのタオルを掴むイメージ」だとか。

女医活ライター
攣らないよう気を付けて!

私も実際にこの「足指運動」をしてみたが、最後の10分間の入浴で行うのがポイントだと感じた。

というのも、お風呂に入って最初の20分間の入浴でこの足指運動を行なってしまったところ、そのあと一度湯舟から出てからだを洗っている段階でのぼせてしまったからだ。

そのとき、この運動は相当血流が良くなることを体感した

足指運動を行う際は、最後の10分間の入浴でムリなく行うよう意識しよう。

山下真理子先生山下先生
足の指ってね、意外と日常の中で動かすことって少なかったりするんですよね。とくに女性であればヒールを履いたりする機会もすごく多いと思うので、足の指ってキュッと凝り固まった状態になるので、ストレスを前半でしっかり発散させて後半で足の指をグー・パー、グー・パー動かしてあげることでしっかり血流もよくして、頭も心もリセットして、そして眠りにつく。
これだけでホルモンバランスの乱れがグッと良くなってくるっていうことがあるので、これをぜひ毎日するようにしてみてください!
寒い時期はお部屋のストーブをつけたままお風呂に入るのが良さそう。
山下真理子先生山下先生
(お風呂から)上がって必ずすぐにお洋服を着て、できればお部屋をストーブとかで暖めておくと尚いいですよね。

同じ30分間の入浴でも、「振り返り」や「瞑想」「ちょっとした運動」を取り入れることで、その30分間という時間がとても有効な時間へと変化する。

最後にご紹介した足指運動は、指を広範囲に動かすことでしっかり血流を良くし、簡単に取り入れやすく冷え性の改善やホルモンバランスの乱れ改善にも期待できる。

ホルモンバランスの乱れ改善や冷え性の改善が期待できる効果的な入浴方法で、頭も心もリセットして翌日の活力としよう!

スポンサーリンク

女医さんから学ぶ、健康法のNEW POST!