友利新先生の公式YouTubeで紹介された「酵素洗顔パウダー」ベスト3!

多くのメーカーから販売されている今注目のスキンケアアイテム『酵素洗顔パウダー』。

通常の洗顔では落としきれない毛穴に詰まった角栓には、実はこの酵素洗顔パウダーが非常に適している。こすらず正しい洗顔をしていても一向に毛穴の黒ずみが改善しない理由は、洗顔料に酵素洗顔を選んでいないからかもしれない。

表参道スキンクリニックに在籍する女医、友利新先生の公式YouTube『友利新 / 医師「内科・皮膚科」』には、酵素の働きやパウダーに含まれている成分などを解説しながら、手軽に購入できる酵素洗顔パウダーを3つ紹介した動画が出ている。

友利新先生がおすすめする3つの酵素洗顔パウダーの中でも、自身の肌状態によって選ぶべきアイテムは変わってくるだろう。それぞれの特徴を理解し自分に合った酵素洗顔パウダーを見つけよう!

友利新先生のTwitterアカウント▶@ArataTomori
友利新先生のインスタグラムアカウント▶@aratatomori
友利新先生の公式YouTube▶『友利新 / 医師「内科・皮膚科」
友利新先生開発のスキンケアシリーズ
メディスキンInstagramアカウント▶@mediskin_official
メディスキン公式ウェブサイト▶https://www.mediskin.jp/
女医活ライター
「私の何がイケないの?」「Mr.サンデー」など多数のメディア出演もされている内科医・皮膚科医の友利新先生。YouTubeのチャンネル登録者数は10万人を超えており、美容と健康に関する有益な情報を惜しみなく発信してくださる美人女医さんです。
※友利新先生が動画内で発している言葉と多少のズレがあります。また、まとめの構成上、元の動画内容と順不同になっている箇所があります、ご了承ください。
※吹き出し画像及びアイキャッチ画像に使用している友利新先生の画像は、公式Twitterよりお借りしています。
友利新先生友利新先生
そもそも通常の洗顔ね、普通に洗っていればいいじゃないと思うかもしれないんですけれども、通常の洗顔では余分な皮脂だったり汚れだったりは落ちるんですが、毛穴に詰まっている角栓っていうのを落とすことはできないんですよ。なので、その角栓を落とすためには酵素洗顔っていうものが必要です。
それではさっそく見ていこう!
スポンサーリンク

友利新先生から学ぶ!「酵素」とは

そもそも「酵素」というけれど、いったい酵素とは?

酵素は角栓にどのような働きをしてくれるのか。まずはここの理解から始めよう。

友利新先生友利新先生
角栓っていうのはたんぱく質と脂からなっています。このたんぱく質と脂を分解して溶かしていく成分が酵素になるんです。
  • 角栓=たんぱく質と脂
  • 酵素=たんぱく質と脂を分解して溶かす働きをする成分

たんぱく質と脂を分解して溶かす働きをする成分の「酵素」が含まれていることから、角栓の除去には酵素洗顔パウダーが適しているということになる。

友利新先生友利新先生
酵素洗顔にはどういった成分が入っているかというと、酵素洗顔に含まれている代表的な酵素っていうのがですね、「リパーゼ」「プロテアーゼ」「パパイン」という主に3つがあります。その中でもプロテアーゼとパパインというのはたんぱく質を分解する酵素になります。そして残りのリパーゼ、これがですね、皮脂を分解するものになるんですよ。
  1. プロテアーゼ▶たんぱく質を分解する酵素
  2. パパイン▶たんぱく質を分解する酵素
  3. リパーゼ▶皮脂を分解する酵素

どうやらこの3つの酵素成分が、今回友利新先生がおすすめする酵素洗顔パウダーベスト3に関わってきそうだ。

この3つを頭に入れながら続きを見ていくと、すんなり理解できる。

友利新先生友利新先生
酵素洗顔をモノによっては週に1~2回だったり毎日使ってもいいですよっていうものだったら使っても大丈夫なんですが、日々の洗顔に取り入れることで目立つような角栓が徐々に徐々に薄くなっていくというか小さくなっていくので、詰まり毛穴を改善してくれるし毛穴の黒ずみが改善するということになります。
同じ酵素洗顔パウダーでも毎日使っていいものや、週に1~2回程度の使用頻度を推奨するものがあるよう。
女医活ライター
友利新先生の動画内では、3つの酵素洗顔パウダーについて使用頻度の紹介はなかったが、私ができる限り調べた結果も記載していくのでぜひご参考までに。
スポンサーリンク

友利新先生がおすすめする酵素洗顔パウダー①

友利新先生がおすすめする酵素洗顔パウダーひとつ目がこちら。

Obagi(オバジ) オバジC 酵素洗顔パウダー (ビタミンC 酵素2種類配合) 30個

友利新先生友利新先生
Obagi(オバジC)酵素洗顔パウダーになります。

女医活ライター
いきなりObagi(オバジ)!
これは田中みな実さんも愛用していることで有名。
友利新先生友利新先生
こちらの酵素洗顔のポイントはですね、たんぱく質を分解する酵素のプロテアーゼ、そして皮脂を分解する酵素のリパーゼ両方が入っています。なので皮脂もたんぱく質もしっかりと溶かしてくれますから、より詰まり毛穴に効いていきます。

Obagi(オバジ)はビタミンCのイメージ。

実はこのObagi(オバジC)の酵素洗顔パウダーには、ビタミンCもちゃ~んと含まれているようだ。

友利新先生友利新先生
実は詰まり毛穴って、角栓が詰まっているとそこにはですね、脂焼けじゃないんですけどその周りに炎症が起こるんですよ。炎症が起こることによってその周りに黒ずみが起きたりちょっと赤みができたりするんですね。この炎症を抑えるためのビタミンCっていうのも入っています。なのでたんぱく質もそして皮脂も分解する両方2つの成分が入っているプラスビタミンCも入っていますので、角栓の詰まりやザラつきはもちろんですけれども、毛穴の黒ずみにもかなり効果が高いかなと思っています。
さすがはオバジ!酵素×ビタミンC!
女医活ライター
私、小鼻のキワにも皮脂が多い…
角栓周りの赤み。
コンシーラーでよく隠す小鼻の赤みも炎症なのか?
コンシーラーで赤みをごまかして、洗顔してもたぶんきれいに落としきれていなくてまた角栓が詰まって炎症を起こして―――。
エンドレス。
できれば赤みも消し去りたい。
友利新先生友利新先生
このプロテアーゼとリパーゼ以外にもですね、こちらに入っている酵素洗顔の洗浄剤っていうんですかね、それがアミノ酸系の洗浄剤が入っているので、酵素が若干皮脂やたんぱく質を取り除くっていうと肌に強いんじゃないかというイメージですけども、洗浄剤自体はアミノ酸系でとても肌に優しいものですので安心して使えると思います。ただ、乾燥肌の人だったりはお顔に地図をつくって黒ずみがあるところだったりザラつきがある場所にこの酵素洗顔パウダー使うといいのかなと思います。
Obagi(オバジC)酵素洗顔パウダーについてまとめると、
  1. たんぱく質分解のプロテアーゼ、皮脂分解のリパーゼが含まれている
  2. ビタミンCも含まれている
  3. 洗浄成分はアミノ酸系で肌に優しい
  4. 乾燥肌の人は黒ずみやザラつきがあるところに部分使用でもよい

この4点がポイントとなりそう。

Obagi(オバジC)酵素洗顔パウダーの使用頻度は、公式サイトにも実際のパッケージにも推奨頻度の記載がない。実際、私はこのObagi(オバジC)の酵素洗顔パウダーを毎日使っているが、とくに肌トラブルも気にならない。

オバジの酵素洗顔パウダーを使い始めて半月ほど経った。この記事を執筆している現在、パウダーの残りは16個。

1箱分(0.4g×30個分)を使い切ったらレビュー記事を執筆しようと思っているので、そちらもどうぞお楽しみに。

スポンサーリンク

友利新先生がおすすめする酵素洗顔パウダー②

さて、友利新先生がおすすめする2つ目の酵素洗顔パウダーがこちら。

10包入り 雪肌粋 酵素洗顔パウダー

友利新先生友利新先生
続いては、雪肌粋の洗顔パウダーになります。
女医活ライター
雪肌粋はコンビニコスメでもあるしいちばん手軽に買いやすいかも。
友利新先生が雪肌粋の酵素洗顔パウダーをおすすめする理由は下のとおり。
友利新先生友利新先生
こちらの雪肌粋の洗顔パウダーにはたんぱく分解酵素のプロテアーゼが入っています。
女医活ライター
お?プロテアーゼのみ?
友利新先生友利新先生
プロテアーゼのみなのでたんぱく質だけなんですね。なので皮脂を分解するものは入っていないんですけれども、実はもう一つのポイントとして「グリシルグリシン」っていう成分が入っているんですよ。
Oh…
新たな成分名が出てきた―――。
友利新先生友利新先生
このグリシルグリシンっていうのは、ビタミンCと同じように抗炎症作用があるので黒ずみにもいいんですが、グリシルグリシン自体はけっこう保湿効果も高かったり肌のキメを細かくしてくれる効果があるんですね。なので、開いた毛穴をちょっと小さくしてキメを整えてくれたり、あとはなんとですね、コラーゲンの再生を促したりすることもあるので、たるみ毛穴というか開いてしまった毛穴を小さくするっていう効果も高い成分になるんです。
なるほど…
雪肌粋酵素洗顔パウダーの洗浄成分はどうなのだろうか。
友利新先生友利新先生
洗浄成分にはプロテアーゼ以外にはですね、石鹸素地というものも入っていますので、どちらかというと石鹸ってね、洗い上がりがキュッとなるようなさっぱりとした感触になります。なのでさっぱり洗い上げたいよっていう方で毛穴の黒ずみとかザラつきもそうなんですけれども、開き毛穴だけじゃなくてたるみ毛穴も気になるよっていう方にはおすすめの酵素パウダーかなと思います。
ふむ。
ちなみに『石鹸素地(せっけんそじ)』とは下のとおり。

石鹸素地とは、読んで字のごとく石鹸のもとであり、一つの石鹸の平均して約80%~99%を占める原料名です。
例えば、目の前に石鹸があるとした場合、その石鹸の80%~99%が石鹸素地で残りが美容成分や防腐剤や香料などです。

石鹸製造開発センター公式サイトより引用

雪肌粋の酵素洗顔パウダーについてまとめると、
  1. たんぱく質分解のプロテアーゼが含まれている
  2. 抗炎症作用のグリシルグリシンが含まれている
  3. 洗浄成分は石鹸素地で洗い上がりはさっぱり
  4. 黒ずみやザラつきのほかに、開き毛穴やたるみ毛穴も気になる人におすすめ

上の4つがポイントになりそう。

雪肌粋酵素洗顔パウダーの使用推奨頻度については、パッケージ裏面に記載がある

週2~3回を目安にお使いください。(ザラつきなどが気になるときは、毎日お使いいただけます。その場合は、1日1回が目安です。)

だそうだ。

女医活ライター
1日1回であれば毎日使っても大丈夫そう!
スポンサーリンク

友利新先生がおすすめする酵素洗顔パウダー③

そして最後の1つ。

友利新先生がおすすめする酵素洗顔パウダー3つ目がこちら。

ミノン アミノモイスト クリアウォッシュ パウダー 35g

友利新先生友利新先生
ミノン アミノモイスト クリアウォッシュパウダーになります。ミノンっていうとね、敏感肌の人にっていうイメージが強いと思うんですが、そんな方にも使える酵素洗顔です。
女医活ライター
ミノンにも酵素洗顔パウダー出てたのか!
友利新先生友利新先生
こちらはですね、プロテアーゼっていう皮脂を分解する酵素が入っています。このプロテアーゼは皮脂だけじゃなくて余分な角質っていうのも取り除いてくれますので、ごわつきだったりくすみ感っていうのも一掃してくれるんですね。
皮脂を分解する酵素はリパーゼと理解したはずだったが、あれ?
ミノン アミノモイスト クリアウォッシュパウダーの成分を公式サイトで確かめてみたが、友利先生の仰るようにプロテアーゼが含まれている。ついでにいうと、グリシルグリシンも含まれていた。
どちらにせよ酵素が含まれていることには間違いない。
友利新先生友利新先生
ミノンさんはもともと敏感肌とか乾燥肌の人へっていうブランドさんですよね。なのでこの酵素洗顔の中の洗浄成分もアミノ酸系洗浄剤といってお肌に負担のないような洗浄剤を何個か組み合わせてつくられている酵素パウダーになります。そこにプロテアーゼっていう古い角質だったり皮脂を取り除くものが入っているものになるんですね。なのでもともとはちょっと敏感肌だったり乾燥肌なんだけれども部分的にはちょっと毛穴も気になるし、全体的にくすみが気になるとか、あとはたまーに白にきびができますよ~触るとざらざらしたニキビのもとがみたいなのができちゃうんでうよね~っていう方にはすごくおすすめの酵素洗顔だなと思います。
  1. たんぱく質分解のプロテアーゼが含まれている
  2. 抗炎症作用のグリシルグリシンが含まれている
  3. 洗浄成分はアミノ酸系で肌に優しい
  4. 毛穴も気になるけど、くすみやニキビも気になる人におすすめ
  5. 敏感肌や乾燥肌の人にとくにおすすめ

このような感じになる。

ミノン アミノモイスト クリアウォッシュパウダーの使用推奨頻度についても、パッケージ裏面に記載があった
毎日でも使えますが、週1~2回がご使用の目安です。
とのこと。
友利新先生おすすめの酵素洗顔パウダー3つのうち、Obagi(オバジC)の酵素洗顔パウダーだけは使用推奨頻度の記載が見当たらなかったが、雪肌粋の酵素洗顔パウダー、ミノン アミノモイスト クリアウォッシュパウダーは毎日の使用も可能ではあることが分かった。
スポンサーリンク

友利新先生が教える!酵素洗顔パウダーを選ぶポイント

おすすめが分かったところで、ここからは自分に合う洗顔パウダー選びが重要になってくる。

友利新先生友利新先生
酵素洗顔を選ぶポイントとしては、やはりどういった酵素が入っているか。しっかり落としたい人はプロテアーゼ、リパーゼ、パパインの中でたんぱく質も皮脂もどっちも取り除けるようなものを選ぶことがポイントです。
もう一度「酵素」のおさらいをすると、
  1. プロテアーゼ▶たんぱく質を分解する酵素
  2. パパイン▶たんぱく質を分解する酵素
  3. リパーゼ▶皮脂を分解する酵素

上のように、まずはたんぱく質を分解する酵素か皮脂を分解する酵素かで、選ぶべき洗顔パウダーが分かれてくる。

友利新先生友利新先生
それだけではなくて、そこに抗炎症作用があるようなビタミンCだったりとかグリシルグリシンが入ってるのかだとか、もともと自分が皮脂が多い肌なのか、それとも敏感肌なのかっていうものを選んでそこからチョイスしてみていただけると皆さんのお悩みに解決できる酵素洗顔に巡り合えるんじゃないかなと思います。
そして次に、どういった酵素が含まれているのかプラス、酵素以外の成分や自身の肌状態、洗い上がりの好みなどから絞らなければならない。
たとえば「私の肌状態」と「求める使用感」を例にすると、
  • 皮脂が多くオイリー肌
  • 毛穴の黒ずみと開きがとくに気になる
  • 小鼻周りの炎症(赤み)が目立つ
  • 洗い上がりはさっぱりしたい

この場合、求めるパウダーで近いものはObagi(オバジC)の酵素洗顔パウダーだ。

酵素洗顔パウダーは少し値段が高く設定されていることが多く、自分に合う洗顔パウダーを見つけるまでは多少お金がかかってしまうかもしれない。

しかし、こうした酵素の知識を事前に把握しておくことで、早い段階で自分に合った酵素洗顔パウダーを見つけることができるだろう。

私は酵素洗顔パウダーで洗顔を始めて半月ほどになるが、これまでの洗顔料にかけていたお金は一体なんだったのかと思うくらい、酵素の力に驚いている。

一度今までの洗顔から酵素洗顔に変えてみて、肌の変化を見てみるのもいいかもしれない。今回はここまで!

友利新先生がYouTubeでおすすめした「デパコスシートマスク」3選!
友利新先生の公式YouTubeから学ぶ!テカリ対策「美容液&化粧水」

スポンサーリンク